カードローン 生活費

MENU

生活費が足りないとき救われたカードローン

派遣社員として働いています。
毎月の給料もなかなか上がらないですので、毎月かなり苦しい生活を続けてきました。

 

月末にクレジットカードの支払いが控えていたあるとき、このままだとその支払いは何とかなっても生活費のほうが絶対に足りないという状況になりました。
また、翌月には各種税金の支払いや友人の結婚式2件でご祝儀の出費もあるので、いったいどうしたものかと。

 

そこで、さんざん悩みましたが消費者金融のカードローンを利用することにしました。

 

カードローンは初めてでとても緊張しましたが、Webから申し込み後、担当者の方から審査通過の連絡があり、優しい言葉をかけられてとても安心しました。

 

その後の手続きについての説明を聞いていると時々わからないことがありましたが、こちらが質問するたび丁寧に教えてくださりとても嬉しかったです。

 

希望借り入れ額を聞かれ、ちゃんと借りられるか不安でしたが、特になんの問題もなく「はい、承知しました」と言われ、拍子抜けしたほどです。

 

そのときは平日だったんですが、仕事が終わったあと駅前の無人契約機で契約手続きを済ませ、ローンカードの発行と、借入金30万円の受け取りを済ませることができました。

 

返済は月々6000円でOKなので、無理なく返せていってます。
完済まで滞ることがないよう、気をつけていきたいと思います。

 

生活費が足りないとき救われたカードローン関連ページ

給料日前だけど遊びたいときこそキャッシング!
給料日前にお金がなくなってしまった。そんな時はカードローンの利用を検討してみましょう。
養育費の足しにキャッシングの利用を決意
養育費は意外と掛かるもの。そんな時に利用したいカードローンはこちら。
株式投資の元金を作るためにカードローンの借入
株式投資をする時に必要な元金を用意するためにカードローンの借入。